So-net無料ブログ作成

私本太平記も少し進める [ぶくぶく]


私本太平記 全13巻合本完全版

私本太平記 全13巻合本完全版

  • 出版社/メーカー: 吉川英治研究会
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: Kindle版


いろいろゴタゴタあったために少し間が空いてしまいましたが、古典太平記読書を鎌倉幕府滅亡まで進めたので、続きを読む前に、私本太平記の方も進める事にしました。

私本太平記と言えば、NHK大河ドラマ太平記の原作ですが、当然の事ながら、限られた時間で複雑な話をわかりやすくまとめなくてはならない上、誰にでも愛されなくてはならない公共性の強い大河ドラマと、原作の違いはあります。

まず際立って違っていたのが、住居。大河ドラマでは、足利家家族共々鎌倉に住んでいるような?感じですが、原作では貞氏の妻清子と息子たち高氏、直義は、栃木の足利庄に住んでます、

幕府に無断で京都に遊びに行った高氏が監禁される事や、誰の力添えで救い出されるかという辺りは同じですが、その長さや状況は大きく異なります。

また、これはもうテレビという媒体との違い、清子の言葉遣いです。テレビより全然カッコいいって。(^^)

古典太平記では詳しく(というより全く)語られなかった、高氏の討幕決意の理由も出てきました。
祖父足利家時の残した遺書に書かれていた事を見たんですね。私はすっかり眉につばをつけて読んでました(笑)が、真偽はともかく、若くして自害した家時が遺した(源義家からの因縁の)置文があったという「伝説」があったそうです(リンク先参照)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。