So-net無料ブログ作成
ぶくぶく ブログトップ
前の10件 | -

ドラマ太平記で鎌倉幕府滅亡を見る [ぶくぶく]

NHK大河ドラマ版太平記は、20~22話で鎌倉幕府討幕のクライマックスを迎えます。
皆カッコ良いですが、とりわけ、指輪物語の執政家ファンにとっては大変興味深い所です。(^^)

これから私本太平記やドラマ版の太平記を鑑賞しようと思っている人にはネタバレになるので、念のためツイッターではなくこちらへ記載。

従ってここからは上記に当てはまる人にはネタバレなので、注意です。

まず20話で、幕府の人質となった登子と千寿丸が、足利家の家来の手引きで滞在先の実家赤橋家を脱出するシーン。古典太平記にはもちろん書かれていませんが、その後の守時の行動から想像できる事、つまり、守時はわざと妹と甥を取り逃がします。

そして21話、いよいよ新田義貞が攻めてくる鎌倉で、足利の人質を逃がした事で咎めを受けている守時が、謹慎を破って武装姿で北条高時や長崎円喜親子等が待機している大蔵御所へ。

守時を赦し、戦の許可を出す高時のセリフが心を打ちます。
「行くがよい。共に鎌倉は祖先の地、御辺も儂も他に逃げてゆく国はない。この鎌倉を兵や馬で踏みにじるものあらば、戦いたす外あるまい。行くがよい。」

北条高時と赤橋守時は親子ではなく、しかも守時の方が年上なのですが、この2人が言葉を交わし、死を覚悟した守時が大蔵御所を後にするシーン、指輪の執政家ファンが愛してやまないあのシーンと、あまりにも酷似しております。もうトールキンて、ここでそれを見ていた関係者の生まれ変わり?と思うほど(^^;)

しかも州崎の戦いで「守時は矢を使わず始めから突撃して行く決死の戦法」で戦ったとあります。

興味ある方はこちらからどうぞ。20話ですがここから22話までつながります。
https://www.youtube.com/watch?v=fgm6FbyqFAE
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

承久の乱、おかわり [ぶくぶく]

太平記の時代背景をより理解するために(というかただ風呂敷を広げているだけですが(笑))、その約100年前に起きた朝廷と幕府の争い、承久の乱の本をもう1杯おかわりします(^^;)

承久の乱 日本史のターニングポイント (文春新書)

承久の乱 日本史のターニングポイント (文春新書)

  • 作者: 本郷 和人
  • 出版社/メーカー: 文藝春秋
  • 発売日: 2019/01/18
  • メディア: 新書


今何故か新書界は鎌倉ブーム(^^;)で、承久の乱に関する本も2冊立て続けに出ています。先日坂井孝一氏著の本を読みましたが、少し違う観点から述べているもう1冊の本を読んでみようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

冠者は女設けに来んけるや [ぶくぶく]

ドラマ版太平記15で、武田鉄矢演じる楠木正成、赤坂城で一度挙兵したものの、鎌倉軍の勢いに一旦逃走。旅芸人一座の車引きとして逃げようとした所を幕府軍に見つかり、足利高氏は旅芸人の一座なら舞を披露しろと命じられ、正成が踊ったのがこの歌。
さて一体なんだろう???と思い、必死で耳コピー(笑)してググってみたところ、

こちらに詳しい説明があります。
https://trushnote.exblog.jp/24837147/

こちらの5:54頃からその舞が見られます。
https://www.youtube.com/watch?v=tAfKZy_fKdc&t=354s

とても楽しい踊りですね。
一瞬、原作の指輪物語(原作ね、あくまでも原作の方ね(笑))で、フロドが踊る子馬亭で踊るシーンを思い出しました(笑)

ちなみにこの歌、オリジナルは後白河法皇が編さんしたものと聞いて、松田翔太くんの顔が思い浮かんでしまいました。(^^;)

もう一つ、101回目のプロポーズは同時期です(^o^;)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

私本太平記も少し進める [ぶくぶく]


私本太平記 全13巻合本完全版

私本太平記 全13巻合本完全版

  • 出版社/メーカー: 吉川英治研究会
  • 発売日: 2015/02/14
  • メディア: Kindle版


いろいろゴタゴタあったために少し間が空いてしまいましたが、古典太平記読書を鎌倉幕府滅亡まで進めたので、続きを読む前に、私本太平記の方も進める事にしました。

私本太平記と言えば、NHK大河ドラマ太平記の原作ですが、当然の事ながら、限られた時間で複雑な話をわかりやすくまとめなくてはならない上、誰にでも愛されなくてはならない公共性の強い大河ドラマと、原作の違いはあります。

まず際立って違っていたのが、住居。大河ドラマでは、足利家家族共々鎌倉に住んでいるような?感じですが、原作では貞氏の妻清子と息子たち高氏、直義は、栃木の足利庄に住んでます、

幕府に無断で京都に遊びに行った高氏が監禁される事や、誰の力添えで救い出されるかという辺りは同じですが、その長さや状況は大きく異なります。

また、これはもうテレビという媒体との違い、清子の言葉遣いです。テレビより全然カッコいいって。(^^)

古典太平記では詳しく(というより全く)語られなかった、高氏の討幕決意の理由も出てきました。
祖父足利家時の残した遺書に書かれていた事を見たんですね。私はすっかり眉につばをつけて読んでました(笑)が、真偽はともかく、若くして自害した家時が遺した(源義家からの因縁の)置文があったという「伝説」があったそうです(リンク先参照)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

大平原の戦い [ぶくぶく]


太平記(上)

太平記(上)

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle版


鎌倉に向かう新田さんが迎え撃つ幕府軍と戦ったのは、小手指久米川分倍河原。現在の武蔵野線新座辺りから府中本町辺りであり、地名もそのまま残っています。ここは私の地元でもあり、時々「北多摩大平原」と勝手に呼んでます(笑)。この「大平原」の中心にある小平などは、平らだからそういう名前がついたとか聞きましたよ。

ここが「大平原」であったから、大きな歴史的事件の少ない多摩地区で、数少ない歴史に残る合戦が行われたのでしょうね。指輪物語好きな私としては、さながら「ペレンノールの戦い」のようだったのではないかとつい妄想してしまいます。

雑木林も多かったとは聞きますが、開けた場所があれば、大軍同士が戦うには格好の場所だったのではないかと思われます。トトロの生息地の一つとして知られる?(^^)八国山などは、敵の動向を視察するには大変良い場所だったようで(8つの国を見渡せるから八国山だとか)、今も新田軍が陣を置いたとされる将軍塚なるものが残っています。久米川の戦いは、まさにその八国山の麓で起きています。

ちなみに、久米川とは柳瀬川の事だそうです。久米川駅から高校と大学に通った私も、柳瀬川の近くで育ったダーリンも、それは初耳学でした(^^;)

その久米川からほど近い所にある八坂神社、建立時期は不明とされますが、甲冑を来た武士の幽霊が出るという伝承があり、久米川の戦いの戦死者ではないかと言われています。

分倍河原の攻防の後、新田さんは、いよいよ鎌倉へ向かいますが、‥え、武蔵国分寺はこの戦いで焼失したのですと?!(現在は跡しか残ってませんね)

分倍河原(多摩川ですね)を越えるとそれまでの大平原は一変、丘陵地に変わり(現在でも車で江の島などに向かうとよくわかります)、その後の大きな戦いの舞台は幕府本拠地の鎌倉となります。
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

足利さん、新田さんに皆がついていく [ぶくぶく]


太平記(上)

太平記(上)

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle版


討幕の決意はしたものの、長崎円喜の告げ口で妻子を鎌倉に人質に置いて京都に行くことになった足利さんに、信じているよともてなして、源氏の旗まで返す高時さんに逆に悲哀を感じます。

その後関西で寝返り宣言をした足利さんの周りにどんどん集まる人達。思えば、関西では承久の乱以降、鎌倉に恨みを持っていた武家も多かったと思われるので、やはり力のある人が出てくると寄ってくるんだね(大人になってから読むとそいういう事に気づいてしまう‥)

一方、領地内に幕府から軍資金を取立てに来た役人を斬るという暴挙に出て寝返り宣言をした新田さんは、鎌倉から追討軍が来ると聞いて、籠城して迎え撃つか越後に逃げて体勢を立て直すかと悩んでいると、弟の「逃げ恥をかくより、朝命で謀反を起こして死ぬ方が家の名誉になる」発言に皆が乗って、ついに鎌倉に攻め入る決心。

ずっと気になっていたのだけど、この時代、特に武士は、命を大事にしません。
ある本に、この時代の人々は生まれ変わりを信じていたとありましたが。。。

そう言えば、映画ロード・オブ・ザ・リングで、ペレンノールの戦の時、皆「Death! Death!」と鬨の声を挙げる事に違和感を感じましたが、それって、現代人の傲慢なのかもしれませんね。戦の時代を生きた人達は常にそういう覚悟をしなくてはならなかったのか。。

それにしても、新田さんが裏切るという情報が、周辺の城主に丸バレな上に、最初に逃げようとしていた越後からも逆に応援がやってくるという‥。皆が味方で良かったです。(^^;)

かくして約100年前に承久の乱を上手に乗り切って絶対権力の基を築いた鎌倉幕府にも、ついに危機が迫っております。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

中つ国のバックグラウンドが太平記そっくりで‥ [ぶくぶく]


文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)

文庫 新版 指輪物語 全10巻セット (評論社文庫)

  • 作者: J.R.R. トールキン
  • 出版社/メーカー: 評論社
  • 発売日: 2005/12/01
  • メディア: 文庫


私は指輪オタでもありますが、初めてトールキンの指輪物語を読んだ時、その話のバックグラウンドにある歴史の話にびっくりしました。と言うのも、高校時代に愛読した太平記にあまりにもそっくりだったからです。教授まさか、太平記を知っていたのでは?(^^;)とすら思ったほどでした。

まず驚いたのはゴンドールの執政。これはまさに鎌倉幕府の執権北条家そのものではありませんか。しかも最後の執権赤橋守時とその妹登子が、そのまま執政家兄弟かと思うほど。NHK大河ドラマでの守時は、もしボロミアが命長らえたらこうだったろうなと妄想した通りですし(^^;)、妹の登子が、和歌の書を返しに来た足利高氏にそのうんちくを披露するシーンがファラミアを彷彿とさせます。

当然の事ながら?(笑)私はゴンドールの執政家兄弟の大ファンになりました。

王座を取り返すためためにゴンドールに来たアラゴルンは、足利尊氏とも考えられますが、今回太平記を読み返すとそれは後醍醐天皇だったのかなあとも思われます。後醍醐天皇は大覚寺統の南朝の天皇なのでなおさらです。。。

とすると、阿野廉子がアルウェンなのでしょうか?ただし、阿野廉子は皇后どころか中宮でも女御でもありません。女官上がりの寵姫だったそうです。でも「女御更衣あまた侍ひ給ひけるなかにいとやむごとなき際にはあらぬがすぐれてときめき給う」人だったようです。

そしてその頃自由な文化を発展させた庶民はホビットのようであり、武器を取って戦った公卿はエルフそのものです。

いずれにせよ、どちらも、私の生涯で忘れられない書物である事には変わりありません。これからも長く愛読しようと思います。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

何の版を読んだんだろう? [ぶくぶく]

高校生の時に何度も読み返していた太平記ですが、一体何の版を読んだのだか謎。ずっと古典太平記の現代語訳を読んだと思っていたのですが、古典太平記は抒情的な記述ではなく、登場人物の誰かに思い入れはしにくいんですね。

しかし、近年小説家された3つほどの異本にはいずれも架空人物が登場していますが、架空人物は全く覚えがなく、やっぱり古典太平記を読んでいたのかなあ。

こちらの版のkindleお試し版を取り寄せ、過去に読んだ事があるかどうかを調査

太平記(一) 「太平記」シリーズ (角川文庫)

太平記(一) 「太平記」シリーズ (角川文庫)

  • 出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店
  • 発売日: 2013/02/25
  • メディア: Kindle版


話は後醍醐天皇の酒宴で14才の北畠顕家が舞うという、日出処の天子を彷彿とさせる(^^;)シーンから始まるのですな。しかしそれなら、どちらを先に読んだか覚えてないけど、絶対に思い出すはずなので、これも違うかな。。(^^;)
nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

太平記読書 [ぶくぶく]


太平記(上)

太平記(上)

  • 出版社/メーカー: グーテンベルク21
  • 発売日: 2018/12/14
  • メディア: Kindle版


しばらく間が空いてしまいましたので、読書の記録を投稿しておきます。
現在、第九巻を読書中です。
西日本では隠岐に流されている後醍醐天皇に代わり、鎌倉幕府への抵抗を続ける大塔宮に、少しずつ仲間が集まり、叡山の僧兵なども集まって、必死に六波羅と戦っている頃、東国で幕府側と見られていた新田と足利が次々と密かに討幕の決意を表明。ただ、新田は源平は一方が悪い時にはもう一方は諫めてきた、足利は父の喪中で体調の悪い時に京都出兵を命じられた、が、討幕の決意に至った動機とされていて、何かちょっとそれだけじゃ足りなくね?感を感じます。

ここでふと、このあいだ「承久の乱」を読んだ時の事を思い出しました。

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

承久の乱-真の「武者の世」を告げる大乱 (中公新書)

  • 作者: 坂井 孝一
  • 出版社/メーカー: 中央公論新社
  • 発売日: 2018/12/19
  • メディア: 新書


叡山の僧兵は多くがそれほど訓練された兵でなく、一部の「暴れ者」以外はあまり役に立たなかったような事が書かれていたので、おや?と思いましたが、やっぱり、作戦のまずさから、六波羅を図に乗らせるという(^^;)失態をやらかしていますな。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:blog

私本太平記も買う(^_^;) [ぶくぶく]

タイトルの通り、私本太平記のkindle版(13巻合体版)も買いました。
一つ一つ入手すれば全て0円ですが、全部まとめても99円です。
kindleは本当に何冊でも入るので重宝します。
(ちなみに、指輪物語他トールキンの本、ハリポタ、ドハティ等、英語本たちも常駐です)

これで、大元の太平記(便宜上、古典太平記と呼んでる)の現代語訳版、岩波版、新太平記、私本太平記が揃いました(^_^;)

さらに嬉しい事に、Youtubeで大河ドラマ版まで見る事ができます。

いろいろ買い揃えましたが、古典太平記の現代語訳版を中心に読み進め中。
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:moblog
前の10件 | - ぶくぶく ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。